フィクション3

12月3日15時35分

今日出会う人は女の子だ。年齢は19歳、私の一つ下。友達が少ない私が女の子と2人で会うなんてなかなかなく、男性と会うより数段緊張している。女の子って何話せばいいんだろう。昔から男の方が仲良くなりやすかった。女の子は距離感がわからない。なのになぜ、私がレズビアンの女の子と会うことにしたか。これは単なる興味でしか無かった。女の子との性交渉は経験が無い。処女を卒業するときですら全然緊張しなかった。むしろやっとこの時が来たかとワクワクした。だが、レズセックスはやはり緊張する。もちろん、期待もあるが。セックスは奥が深い。相手によって趣向も形も違う。だから面白い。純粋にセックスが好きだ!と、いつもの脳内セックス語りがヒートアップしてきたところで、約束の時間が近付いてきた。16時、私は渋谷駅にいた。

「あのー…詩織さんですか?」

「あっ、はい!そうです!ほのかさんですよね?」

「そうです~。あ、私年下だしタメでいいですよ」

「そんなそんな、一つしか変わらないしほのかちゃんもタメでいいよ。」

「了解!しおりん!」

ほのかちゃんは私の名前を読んで無邪気な笑顔を見せた。笑った時に表情がくしゃっとする子は可愛い。ほのかちゃん、可愛い…華奢で色白だ。うさぎみたいに髪を一部とってハーフツインテールにしてるのも可愛い。これは世でいうゆめかわいいか。ほのかちゃんは可愛いぞ。可愛いほのかちゃまと最後に撮ったのがいつかさえ覚えてないプリクラを撮った。遅れた青春を取り戻しているようだ。学生時代の女子との距離感がわからない問題は、ほのかちゃんにおいては発生しなかった。なんだか自然でいられた。渋谷をフラフラしてるうちにホテル街に入り、ほのかちゃんにどうする?と聞くと、にこやかに頷くので、私はほのかちゃんとホテルに入室した。

「ほのかちゃん、私女の子とこういうの、初めてなんだけど、なんか緊張するなぁ笑」

「え、ほのかも初めてだよ!」

あれ、まじか。これは意外な結果だった。私は興味本位でレズビアンのほのかちゃんと出会ったけど、ほのかちゃんがずっとそういう性癖ならとっくに経験してると思っていた。ほのかちゃん可愛くて、めちゃくちゃにしたくなる。これが男の気持ちか…私はほのかちゃんの服を脱がせて胸を揉んだ。そしてブラジャーのホックを外すと、ほのかちゃんも私の後ろに手を回し、ホックを外した。ほのかちゃんCカップくらいかな。私より大きい。こうして目の前で女2人胸を対面させていると劣等感もうっすら芽生えてくる。しばらく2人で揉み合いながら、ディープキスをした。最中私は、「なんか綺麗」と思った。普通に友達としても仲良くなれそうだと思った私はほのかちゃんと連絡先を交換した。翌日、チェックアウト前にホテルを出て、それぞれ家路についた。